鉄骨造とは?メリット・デメリットをご紹介

鉄骨造

注文住宅を建てるとき、始めに検討すべき項目のひとつが建物の構造です。

代表的なものには木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造があり、ここでは鉄骨造についてその概要、メリット、デメリットをご紹介します。

他の構造については別の記事を参照し、比較してみてください。

特に最近では、住宅会社各社の改善努力により、構造による住宅の品質の優劣の差は縮まってきていると言われています。昔からのイメージや、インターネットに出回っているイメージにとらわれて「○○造だから良い住宅」、「××造だから悪い住宅」、という考え方をするのは避けましょう。それぞれのメリットとデメリットを正確に理解し、自分に合った住宅を正しく選べるようになりましょう。

鉄骨造とは

柱や梁など建物の骨組みに鋼鉄を用いる方法で、Steel造=S造ともいわれます。

使用する鋼材の厚みによって軽量鉄骨造、重量鉄骨造と種類が分かれており、さらにそれぞれに複数の工法(建て方)が存在します。

建築費用、耐震性、耐火性、耐用年数、遮音性、デザインの自由度などの点で、木造とRC造の間に位置するような性能を持っているといわれています。

重量鉄骨造

厚さ6mm以上の鉄骨を用いて建てるものを、重量鉄骨造といいます。

柱と梁を接合する「ラーメン工法」で建てることが多く、頑丈で、柱が少ないのが特徴です。3階建て以上の建物に適しています。

軽量鉄骨造

同じ鉄骨で骨組みをつくる建物でも、使用する鋼材の厚みが6mm未満であるものは、軽量鉄骨造と呼ばれます。

木造のように軸組、筋交いを用いて建てることが多く、別の記事で紹介したプレハブ工法も、多くの場合はこの軽量鉄骨造です。注文住宅で鉄骨造という場合、ほとんどが軽量鉄骨造で、近年人気が上がって増加傾向にあるといわれています。

鉄骨造のメリット・デメリット

重量鉄骨造、軽量鉄骨造のそれぞれに異なるメリットとデメリットがあります。個別に確認しましょう。

メリット

重量鉄骨造

・部材が工場で生産されるため、品質が安定している

木造と比べて部材の質にバラつきが少ない上、組み立てる技術に熟練の職人の腕を必要としないため、完成度は安定しています。

・強度が高く、優れた耐震性・耐火性・耐久性を誇る

大きな地震にも、重量鉄骨造の家はかなりの耐性をもっています。

耐火被覆という処理を施せば、木造よりも火災保険の保険料が抑えられるほど高い耐火性を持ちます。法定耐用年数も34年と長持ちです。

・少ない柱で建てられるため、間取りやデザインの自由度が高い

柱や梁のそれぞれの強度が高いため、使用する本数が少なく済みます。

そのため、開放的な間取りや広い間口を得意とし、理想の間取りを実現しやすくなります。

軽量鉄骨造

・部材が工場で生産されるため、品質が安定している

これは重量鉄骨と同様です。

・工場で大量生産・短い工期により、建築費用を抑えられる

同じ鉄骨でも、重量と比べて部材の大量生産が可能であるため、コストを抑えることができます。工期も短くて済み、その分の人件費が削減できます。

・強度の高さと軽量を両立しており、耐震性が高い

部材が軽量であることに加え、丈夫な鉄骨を軸組・筋交いで補強しているため、高い耐震性を実現します。

デメリット

重量鉄骨造

・内部結露が発生しやすく、防錆処理が必須

木材と違って部材が湿度のコントロール機能を持たず、気密性が高い構造であるため、内部に湿気が溜まりやすくなります。防錆処理をしなければ、鉄骨が錆びて強度に影響があります。

・夏は暑く、冬は寒くなりやすい

木材のような通気性や、コンクリートのような断熱性を持たないため、外気温の影響を受けやすくなります。そのため、木材やコンクリ―トに比べると、冷暖房効率はそれほど良くないといえます。

・強固な地盤が必要なため、基礎工事や地盤改良にコストがかかるケースがある

その重量ゆえに地盤が安定してないと建築することができず、地域によっては基礎の追加工事や地盤改良工事が必要になり、コストに直結してしまいます。

・大量生産ができず、建築コストが高い

各部材が高価であるため、全体の建築コストは割高になります。

軽量鉄骨造

・内部結露が発生しやすく、防錆処理が必須

これは重量鉄骨と同様です。

・夏は暑く、冬は寒くなりやすい

これも重量鉄骨と同様です。

・耐火性は高くない

薄い鉄骨は熱に弱く、火災の際には急激に強度が弱まって建物が倒壊する恐れがあるといわれています。これを防ぐために、通常は耐火被覆の処理を行います。

まとめ

重量と軽量に分けて、鉄骨造について説明しました。

鉄骨造とは骨組みに鋼材を用いる建物の構造を指し、使用する鉄骨の厚みによって名称が分かれます。

それぞれに共通する特徴もあれば異なるメリット・デメリットもあります。お伝えしてきたように、鉄骨造は、主に安定した品質と高い強度が長所であり、熱や湿度に弱い点が短所になります。

近年では技術の向上によって短所を克服しているため、他の構造と比較検討する場合には、優劣というよりも各特性が、ご自身の希望に合っているかを重視すると良いでしょう。

この記事の内容を参考に、自分にぴったりの注文住宅の建て方を見極めてください。

PAGE TOP