工務店・ハウスメーカーからの見積もりが高い場合に確認するべきポイントとは

工務店 見積もり

注文住宅を建てる際、工務店やハウスメーカーを選ぶ基準はたくさんありますが、多くの方にとっては予算がいくら必要なのかという点が、最も気になるところでしょう。提示された見積りが高いのか相場なのか判断するためにも、工務店やハウスメーカーに見積もり依頼をする際に、いくつか確認すべきポイントがあります。今回は見積もりにおける注意点などを中心にご説明していきましょう。

正しい見積もりの取り方

注文住宅を建てるのは、ほとんどの方にとって初めての経験でしょう。まずは、そもそもの見積もりの取り方についても整理しておきましょう。大事なポイントをご説明します。

金額を比較するため複数の依頼先を選ぶ

提示された金額が相場と比べて妥当かを判断するために、複数の工務店やハウスメーカーに見積もり依頼をするようにしましょう。希望条件に対して、各社それぞれの提案を交えて見積もりを出してくれるため、具体的なイメージも持ちやすく、依頼先を選定する軸も見えてきます。

ただし、多くの先に見積もり依頼をしてしまうとその分手間はかかってしまいます。3社程度への依頼が妥当です。まずはデザインや対応が好みに合いそうかといった観点で、工務店やハウスメーカーを選んで、そこからさらに絞っていくと良いでしょう。

条件を明確に伝える

相談先が決まったら、希望する条件を伝えて見積もりのためのプランを組んでもらいます。この時に、相見積もりである旨を伝えておきましょう。これはマナーとしての側面もありますが、事情をきちんと伝えることで、考慮してもらいたい点を汲んだプランを提案してもらえるようにするといった目的もあります。

下記に、条件の中でも重要な要素をご説明します。

予算

まず予算の目安は正確に伝えます。予算を明確に出せていない場合は、現在持ち合わせている資金や、ローンでの返済可能な金額などを整理しておきます。また、伝えた予算が上限ギリギリであるのか、内容次第で増やせる余地があるのかなども伝えるとその点も考慮してもらえるでしょう。
>>>「注文住宅を建てる前にやっておきたい手続きや資金計画について」も合わせてご確認ください。

土地

建てられる家は、土地の条件によって左右されます。土地が決まっているのであれば、図面などの情報を提供するようにしましょう。また土地の地盤調査も必要になるため、相談しておくと良いでしょう。
>>>「住宅を購入後に後悔しない土地選びの方法とは」も合わせてご確認ください。

家の設備

キッチンやトイレなどの設備についてこだわりがある場合も、伝えておかなければなりません。それぞれの設備に複数のタイプがあるので、こだわりたい箇所とそうでない箇所を明確にして優先度を説明できるとよりスムーズです。

現状の不満を伝える

希望条件と併せて伝えておくべきなのが、現在の家に対する不満です。希望するイメージが掴めていない場合でも、現状の不満から考慮すべき条件が見えてきます。間取りや設備などに関して、現在の家で不便に感じることなどを整理しておくようにしましょう。

見積もりにかかる期間を確認しておく

工務店 見積もり

依頼をしてから見積もりをもらえるまでには、一定の期間が必要です。相談先によってその差はまちまちですが、数週間~1か月ほどかかる場合もあります。入居までの希望スケジュールがある場合は、見積もりをもらえる時期をしっかり確認しておく必要があります。

提案内容を細かくチェック

見積もりとプランができあがったら細かくチェックをします。伝えた条件が反映されているか、丁寧に確認しましょう。自分だけで判断するのではなく、ご家族全員で内容を理解するように心がけましょう。

見積もりが高いと感じた時に確認すべきポイント

各社から提示された見積もりを確認して、見積もりが思っていたよりも高いと気になることも多いでしょう。その際に確認すべきポイントがあります。

工事費の範囲と仕様明細の項目

注文住宅の見積書のほとんどは、本体工事費とその他の工事費に分かれています。金額が適正かどうか見極めるために、これらの工事費がどこまでを含んでいるのかを正確に確認するようにしましょう。その際に、仕様明細の項目が細かく出されているかも確認が必要です。細かければ細かいほど、内容に透明性が出て納得できます。いい加減な業者の場合、表記をごまかして最終的な金額を見えづらくしていることもあるので、注意が必要です。
>>>「注文住宅の見積もりで予算オーバーをしないようにするためのコツ」も合わせて確認する

まとめ

工務店 見積もり

見積もりは、依頼先を選ぶ上でとても重要な部分です。内容だけでなく相談時の対応など一つとっても見極めるポイントは多くあります。全てをよく見て判断して、納得のいく依頼先選びを行えるように心がけましょう。

PAGE TOP